業務用自作PC製作所

独自の基準で業務用の自作PC製作&メンテナンス等

i7 6800K ASRock X99 Taichi 経年劣化後の常用オーバークロック設定見直し

6900Kのワークステーション2号機に続いて、6800Kのワークステーション1号機についても見直し。こちらも4.125GHzでは不安定になり、から4.0GHzに落として使ってしました。

OCツール
CPU 設定
CPU レシオ すべてのコア
 All Core 33
CPU キャッシュレシオ 28
最小CPU キャッシュレシオ 28
BCLK 周波数 125.0
BCLK スペクトラム拡散 無効
SB スペクトラム拡散 無効
Intel SpeedStep テクノロジー 無効
Intel ターボ・ ブースト・ テクノロジー
Intel Turbo Boost max Technology 3.0 無効
PLL 周波数のフィルター 高BCLKモード
長い時間のパワー限界 200
短時間電力制限 200
Adjust Pll Enabled

DRAM 設定
XMP2.0 プロファイル1
DRAM 周波数 DDR4-2750
MRC Fast Boot Disabled
Memory Test Enabled
Memory Test On Fast Boot Enaled
Memory power Saving Mode 無効

FIVR 設定
CPU Vcore 電圧モード オーバーライドモード
Vcore オーバーライド電圧 1.270
CPUキャッシュ 電圧モード オーバーライドモード
CPUキャッシュ オーバーライド電圧 1.270
システムエージェントの電圧オフセット 0.06
CPU 内蔵 VR 効率モード 無効

アドバンスド
CPU C ステートサポート 無効

電圧設定
CPU 入力電圧 固定モード
 固定電圧 1.920
CPU ロードライン・ キャリブレーション レベル1

 

CPU電圧を0.03盛ってやると元の電圧で動くようになりました。0.125GHzのために0.03Vも盛るのか?という気もしたのですが、取り敢えずこれでいくことに。メモリの3000MHz駆動は電圧を1.385まで盛っても無理なので諦めました。しかしX99は劣化が早いです。

i7-6900K MSI X99 TOMAHAWK 経年劣化後の常用オーバークロック設定見直し

組んで1年ほどは安定して動作していたのですが、徐々に不安定に。どうもCPUやメモリのクロックを落とすと安定するようなのでCPUは4.1GHzから3.8GHzまで(CPU電圧は1.230Vから1.185V)、メモリは3200MHzから3000MHzまで落として使っていました。しかし業務の都合上やはりクロックを上げて使いたいということで、設定を見直してみました。

Simple [Advanced]

CPU Setting
CPU Ratio Aplly Mode [All Core]
CPUの内部倍率を変更 [41]
CPU Ratio Mode [Fixed Mode]
Ring Ratio [35]

DRAM Setting
XMP (Extreme Memory Profile) [Enabled]
DDR 3200MHz 16-18-18-36 1.350V
Memory Fast Boot [無効]

DigitALL Power
CPU Phase Control {Optimized]
CPU Vdroop Offset Control [Enthusastic (+100%)]
DRAM CH_A/B Phase Control [Optimized]
DRAM CH_C/D Phase Control [Optimized]

Voltage Setting
VCCIN Voltage 1.920
CPU Core/Ring Voltage Mode [Override Mode]
CPU Core Voltage 1.255
CPU SA/VCCU Voltage Mode [Manual Mode]
CPU Ring Voltage 1.160
CPU SA Voltage 1.300
CPU VCCIO Voltage 1.050

OCに有利なところは細かく設定してみました。使い始めより+0.025V電圧を盛れば以前と同じクロックで安定動作するようです。NH-D15Sは一番温度が上がったコアで最高81℃、まだまだ余裕あり。余談ですが4790Kも少し遅れて不安定になり、4.6GHzから4.4GHzまで落として使用中。4790Kは3年以上経ってから不安定になりましたが、6900Kは1年ちょっとで不安定に。劣化するのはDevil's CanyonよりBroadwell-Eの方が早いようです。もしかしたらマザーボード側が原因かもしれませんが。

 

i7 6800K ASRock X99 Taichi 常用オーバークロック設定

世間はRYZENやらSkylake-Xで盛り上がっていますが、手持ちの資産を活用する方向で結局LGA2011-3でBroadwell-Eを弄りまわしてしまっています。X99 Taich、i7-6800K、G.Skill F4-3000C15Q-16GRRでのOC設定。

OCツール
CPU 設定
CPU レシオ すべてのコア
 All Core 33
CPU キャッシュレシオ 28
最小CPU キャッシュレシオ 28
BCLK 周波数 125.0
BCLK スペクトラム拡散 無効
SB スペクトラム拡散 無効
Intel SpeedStep テクノロジー 無効
Intel ターボ・ ブースト・ テクノロジー
Intel Turbo Boost max Technology 3.0 無効
PLL 周波数のフィルター 高BCLKモード
長い時間のパワー限界 200
短時間電力制限 200
Adjust Pll Enabled

DRAM 設定
XMP 2.0 プロファイル1
DRAM 周波数 DDR4-2750
MRC Fast Boot Disabled
Memory Test Enabled
Memory Test On Fast Boot Enaled
Memory power Saving Mode 無効

FIVR 設定
CPU Vcore 電圧モード オーバーライドモード
Vcore オーバーライド電圧 1.240
CPUキャッシュ 電圧モード オーバーライドモード
CPUキャッシュ オーバーライド電圧 1.240
システムエージェントの電圧オフセット 0.06
CPU 内蔵 VR 効率モード 無効

電圧設定
CPU 入力電圧 固定モード
 固定電圧 1.920
CPU ロードライン・ キャリブレーション レベル1

G.Skill F4-3000C15Q-16GRRは3000MHzでは2枚しか認識しなかったので、2750MHzに落として4枚認識させました。CPUのOCは4.25GHzで回そうとすると1.26VでもOCCT10分通らないので、業務用で安定重視ということもあり4.125MHzで低電圧狙い。結構頑張って色々OC寄りの設定にしてみましたが、意外と電圧は下がりませんでした。ASUS X99-A(8フェーズ)、MSI X99A TOMAHAWK(8フェーズ)、ASRock X99 Taichi(12フェーズ)の中ではASUS X99-Aが一番OC向けのようです。

ASRock Intel X99搭載 ATXマザーボード X99 Taichi

ASRock Intel X99搭載 ATXマザーボード X99 Taichi

 

 

AMD RYZEN Socket AM4 対応マザーボード一覧 機能比較

AMD RYZEN対応のマザーボードが出揃って来たようなので、機能比較一覧表を作ってみました。4/1現在の実売価格が安い順。

メーカー 型番 チップ
セット
フォーム
ファクタ
m.2
位置
メモリ
スロット
LAN ファン
コネクタ
VRM
ヒートシンク
DP HD
MI
DVI RGB
BIOSTAR B350ET2 B350 m × 2 R 2 ×     1  
ASRock AB350M-HDV B350 m 2 R 3 ×   1 1 1
ASUS PRIME B350M-A
/CSM
B350 m 4 R 2 ×   1 1 1
ASUS PRIME B350M-A B350 m 4 R 2 ×   1 1 1
ASRock AB350M Pro4 B350 m 2 R 3   1 1 1
MSI B350M GAMING
PRO
B350 m 4 R 3   1 1 1
BIOSTAR B350GT3 B350 m 4 R 3   1 1  
ASUS PRIME
B350-PLUS
B350 m 4 R 3   1 1 1
ASRock AB350 Pro4 B350 ATX 上下 4 R 3   1 1 1
GIGABYTE GA-AB350M
-Gaming 3 [Rev.1.0]
B350 ATX 4 R 4   1 1 1
BIOSTAR X370GT5/LED FAN B350 ATX 4 R 5   1 1  
ASRock Fatal1ty
AB350 Gaming K4
B350 ATX 4 R 4   1 1 1
MSI B350 TOMAHAWK B350 ATX 4 R 6   1 1 1
GIGABYTE GA-AB350-Gaming 3
[Rev.1.0]
B350 ATX 4 R 4   1 1  
BIOSTAR X370GT5
/LED FAN
X370 ATX 4 R 4   1 1  
ASRock Fatal1ty
X370 Gaming K4
X370 ATX 4 I 5   1    
MSI X370 SLI PLUS X370 ATX 4 R 6   1 1  
ASUS PRIME X370-PRO X370 ATX 4 I 6 1 1    
GIGABYTE AORUS GA-AX370
Gaming 5 [Rev.1.0]
X370 ATX 4 I/K 8   1    
MSI X370 GAMING PRO
CARBON
X370 ATX 中※ 4 I 6   1 1  
ASRock X370 Taichi X370 ATX 4 I 5        
BIOSTAR X370GT7/M200-240G X370 ATX 4 R 5 1 1 1  
ASUS ROG CROSSHAIR
VI HERO
X370 ATX 右下 4 I 7        
ASRock Fatal1ty X370
Professional Gaming
X370 ATX 4 I/A 5        
MSI X370 XPOWER
GAMING TITANIUM
X370 ATX 中※ 4 I 6 1 1    

PRIME B350M-A/CSMとPRIME B350M-Aの違いはECCメモリが使えるかどうかで、/CSMが使える?ASRockのAB350M-HDVで使えるCPUは65Wまで。スペック表を確認しただけなので間違いあるかもしれません。

 

<m.2位置>

上・・・一番上のPCI×16スロットの上、CPUソケットのすぐ下。

中・・・一番上のPCI×16スロットのすぐ下。

下・・・一番上のPCI×16スロットの下。2スロ占有グラボを挿しても隠れないぐらいの位置。

中以外がSSDが冷えやすそうな位置。ただ、MSIのX370 GAMING PRO CARBONとX370 XPOWER GAMING TITANIUMはSSD搭載位置は“中”ですが、ヒートシンクが付いているようなのでむしろ良いかもしれません。また、位置が“中”でもPCI×16スロットが一番上に固定でなければ、SSDとグラボが重ならないように搭載することもできそうです。

 

<メモリスロット>

メモリスロットの数。一般的な用途なら2でも不足は無さそう。

 

<LAN>

I・・・インテル I211-AT。

R・・・Realtek RTL8111H、RTL8111GR、RTL8118AS等の所謂、蟹です。

K・・・Rivet Networks Killer E2500 LAN chip、ゲーミングLANチップ。

A・・・AQUANTIA AQC108、5Gビット対応。

KILLERはあまり評判がよくないような。蟹は言われてるほどは悪くなく普通。

 

<ファンコネクタ

CPUファン、ケースファン、水冷ファン用コネクタの総数。少なくても、消費電力が多すぎない一般的なファンであれば、分岐コネクタを使用してマザボから回転数をコントロールすることも可能。

 

VRMヒートシンク

見た目のみの評価ですが、ヒートシンクの大きさで×△○◎を付けてみました。チップ自体の発熱が少なければヒートシンクは必要ないですし、チップ自体の発熱が大きすぎれば大きなヒートシンクでも問題があるケースも出てきます。

 

なんでRYZENマザーボードについて調べてしまったかと言うと、導入を検討しているからです。どれを選ぶか?業務の都合上インテルLANで、長時間運用するのでVRMヒートシンクが大きめのマザーボードが候補になりそう。ファンコネクタの数もそれなりにあった方がいいですね。今のところASRockのAB350 Pro4にインテルLANカードか、ASUSのPRIME X370-PROあたりになりそうです。安定第一の業務用パソコンにRYZENは不安はありますが、長く使い回しが効きそうなのでX99を増やすよりもいいかなあと。元々は長い間AMD党だったのですが、処理速度が必要な業務の都合上やむなく4790K以降はインテルばかり。RYZENの1800X/1700X/1700は性能的には第一線で業務に使えそうで安いし、面白そうなのでAMD党に戻ります。

 

余談ですが、売れ残ってよくネタにされてるトマホーク。ファンコネクタが6つ、ヒートシンクもしっかりしているし、こうやって比較してみるとそんなに悪くない気も?

 

 

ASUSTeK AMD X370搭載 マザーボード PRIME X370-PRO【ATX】

ASUSTeK AMD X370搭載 マザーボード PRIME X370-PRO【ATX】

 

 

ASRock AMD B350チップセット搭載 ATXマザーボード AB350 Pro4

ASRock AMD B350チップセット搭載 ATXマザーボード AB350 Pro4

 

 

i7-6900K MSI X99 TOMAHAWK Noctua NH-D15S 常用オーバークロック設定

以前設定した暫定常用OCボトルネックになっていた冷却能力は、CPUクーラーをNH-C14SからNH-D15Sにしたことで大きく改善。そこそこ低電圧で4.125GHzまでのOCは安定していたので、まず4.2GHzでのOCを目指してみます。CPU電圧を徐々に上げていくも、1.26Vまで盛ってもOCCTは数秒でダウン。ここで4.2GHzへのOCは諦め、4.1GHzで安定する設定を探っていきます。多少安全域をとって1.23Vで落ち着きました。MSIのX99A TOMAHAWKはASUS X99-Aに比べると多少電圧を盛らないとOC通りにくいようです。X99A TOMAHAWKには元々37倍以上のOCが不安定でBIOSが更新された履歴があったり、高クロックOCに弱いマザーボードなのかもしれません。または搭載メモリの関係でASUSはベースクロック125MHz・MSIはベースクロック100MHzなので、ベースクロックの違いが関係している可能性も。どちらにしろ、常用OCであれば気にするほどではないレベルです。以下、OC設定。

Simple [Advanced]

CPU Setting
CPU Ratio Aplly Mode [All Core]
CPUの内部倍率を変更 [41]
CPU Ratio Mode [Fixed Mode]
Ring Ratio [35]

DRAM Setting
XMP(Extreme Memory Profile) [Enabled]
DDR 3200MHz 16-18-18-36 1.350V

Voltage Setting
VCCIN Voltage 1.920
CPU Core/Ring Voltage Mode [Override Mode]
CPU Core Voltage 1.230
CPU Ring Voltage 1.235

f:id:zisakupc:20170305190823p:plain

CPU電圧はCPU-Z読みでも1.230V。

f:id:zisakupc:20170305190855p:plain

CINEBENCH R15。シングル170cb/マルチ1726cb。OCCTは通りませんでしたが、4.2GHzだとシングル175cb/マルチ1770cb。4.1GHzと4.2GHzの体感差は特にありません。

ちなみに4.0GHzの時はクロック・キャッシュクロック共に同じ設定のASUS X99-Aより若干低いスコアでした。全く同じ設定ではないですが、ベースクロック以外はMSIがDDR4-3200に対しASUSがDDR4-3000とMSI有利な設定。マザーの特性というより、これもベースクロックの違いでASUSの方が低電圧かつベンチの数字が出ている可能性も。体感は違いなし。

 

f:id:zisakupc:20170305190951p:plain

 さすがツインタワーのNH-D15S、冷却能力はだいぶ余裕あり。冷却能力に余裕はあるけど今度は6900K自体のOC特性の問題で4.0GHzから大してクロックを上げることはできませんでした。常用だと4.1GHz近辺。

さて、このi7-6900KというCPU。AMDRYZEN登場でだいぶ存在意義が問われています。ベンチの数字を見る限り、常用域ならほんの少し6900Kに分がありそうですが、価格差を考えると1800Xでしょうね。

ちなみに業務で使うなら4790K(4コア・シネベンチ941)と6800K(6コア・シネベンチ1317)は差が感じられ、6800Kと6900K(8コア・シネベンチ1726)はそれ程は差が感じられなかったので6コアの1600Xが気になるところ。1800Xの税込6.5万から単純計算すると3.4万、RYZENマザーボードの安さを考えるとi7-6800Kよりだいぶ安く済みそう。今ゼロからシステムを組むなら1600Xを選びます。

まあ業務で使ってるとなると営業日に穴をあけるわけにはいかないので、必要な時が買い時、壊れても保証期間中でも交換品を即買いしなければならず、待ってはいられません。次回システム更新時や業務拡張時にはインテルAMDがどんなラインナップになっているのか楽しみです。