読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務用自作PC製作所

独自の基準で業務用の自作PC製作&メンテナンス等

Broadwell-E i7-6900Kマシン構成

パーツ購入記 ワークステーション2号機

つい最近 ワークステーション1号機  のCPUを6800K→6900Kに挿し換え。余っていた6800Kでもう一台組もうと思っていたのですが、結局ワークステーション1号機のCPUを6800Kに戻して、6900Kで新規にマシンを組むことにしました。

i7-6900Kマシン、ワークステーション2号機マシン構成について。

f:id:zisakupc:20170108011946j:plain

以下、値段は送料込み。

パーツ メーカー・型番 値段 購入店
CPU Intel i7-6900K 112980 ソフマップ
マザーボード MSI X99A TOMAHAWK LGA2011-3 29980-5083 Yahoo!
メモリ Corsair CMK16GX4M4B3200C16(16G) 12480 amazon
グラボ GIGABYTE GV-N1050WF2OC-2GD(GTX1050) 17258 ドスパラ
SSD SanDisk SSD Plus SDSSDA-240G-J25C(240G) 7980 NTT-X
CPUクーラー Noctua NH-C14S 11110 amazon
追加CPUファン 山洋 F12-N/38 2482 ツクモ
PCケース Corsair Carbide 400C White CC-9011095-WW 13657-2312 Yahoo!
追加ケースファン Noctua NF-P14s redux 1500回転 PWM 1778×3 OLIOSPEC
電源 KEIAN KT-F600-12A(再生品) 2780 アバイド
OS Microsoft Windows10 Home 13253 amazon
総額 229294 (221899)

最近、楽天市場への対抗措置のためかYahoo!ショッピングでのポイント還元が大きく、ポイント還元込みの価格の方が実勢に近いので、総額のカッコ内にポイントを考慮した金額も記載。実質22万円強かかりました。

 

・CPU

4→6コアで業務に恩恵があったので、8コアも試しに購入。使い勝手は 6900K 常用OC設定 の項に詳しく書きましたが、4→6コアにした時ほどは恩恵はありませんでした。

 

マザーボード

m.2に加えてu.2コネクタも付いている割に安かったので初のMSI。10年前のM2A-VMからASUSばかり買っていましたが、現行のX99チップセットマザーボードは装備の割にASUSは割高。MSI X99A TOMAHAWK はゲーミングと銘打ってありますがインテルLAN。

 

・メモリ

業務は8Gで足りそうだけど、どうせならクアッドコア・値段も大差ないのでOCメモリ。選定理由は ワークステーション1号機  の時同じですが、今回は値下がりしたPC3200を。まあOCメモリは体感しにくいのですが、気休めで。このメモリ、箱がやけに大きいと思ったらメモリ用の冷却ファンが付属しています。流石コルセア。水冷と組み合わせれば便利そうですが空冷では干渉してしまうので今回は使いません。

 

・グラボ

GIGABYTE GV-N1050WF2OC-2GD Windforce GTX1050購入&インプレ の項にも書きましたが、安価で4K・60Hzに対応で多出力、HDMI2.0対応のものを。

 

SSD

他のマシンからの使い回しで以前買ったもの。TLCですが耐久性や速度も問題ないかと思い購入。

 

・ケース/CPUクーラー/ケースファン

OCするとトップフロー最高峰のNH-C14Sでも冷却が間に合わないi7-6900K。サイドフローの中ではVRM冷却に有利(ツインタワーで真ん中のファンが下寄りに付いている)かつCPU冷却でもトップクラスのNH-D15Sに。ケースはサイドフローのCPUクーラーと相性が良さそうでケース前後長の短いNZXT S340・Corsair 400C・Corsair 400Q・Fractal Design Define C の4つが候補に。S340は持っていて良いケースなのですが他も試したくなり400Cに。エアフローはどれも問題無さそうだったのですがデザインと横開きに惹かれました。業務一辺倒なら400Qにすべきなんでしょうけど、遊び心でつい趣味に走ってしまいました。追加CPUファン、追加ケースファンは使い回し。手持ちで最速マシンになり使用頻度も高くなるので、かつての最速4790K機からnoctuaを剥ぎ取りました。

 

・電源

使い回し。Bronzeの平凡な安物。電源は今まで5台・一番古いもので10年ですが安物でも壊れたこともトラブルも無いので、余り高いものを使う必要性を感じていません。 ワークステーション1号機 の時に買ったプラチナの ANTEC EA-450 が多少期待外れだったのもあります。新規に買うのであれば、このところ資金は潤沢なのでGOLD以上にするとは思いますが。

 

組み立ての様子や、もう少し詳しい個々のパーツインプレやパーツ選定基準などは後日アップ予定。ワークステーション1号機 の時は延び延びになって結局アップしませんでしたが、今度こそは(笑)。

 

i7-6900Kマシンを組むのに最低いくらかかるのか?メモリをクアッドチャネル16G→デュアルチャネル8Gで-0.7万、SSD値下がり分と240→128Gで-0.4万、CPUクーラーを安くてよく冷える忍者あたりで-0.6万、ケースをEnermaxなど最安クラスのものにして-0.8万、ファン類を削って-0.8万。19万円程度でもi7-6900Kマシンは組めると思います。冷却さえクリアしてれば、電源やケースは安物でも問題ないと個人的には思います。CPU以外は体感効果は薄いので拘らなければ通常のもので。まあ体感効果が出やすいCPUも Kaby Lake-S i7-7700K が出てきてるんで、大量のアプリを並行して動かす等々のよっぽど特殊な用途でなければ BroadWell-E より Kaby Lake-S の7700Kの方がよい結果を生むと思います。

MSI X99A TOMAHAWK ゲーミングマザーボード MB3692

MSI X99A TOMAHAWK ゲーミングマザーボード MB3692