読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務用自作PC製作所

独自の基準で業務用の自作PC製作&メンテナンス等

Core i7-4790K 常用オーバークロック

CPU CPUオーバークロック設定

Devil's Canyon、Core i7-4790Kの常用オーバークロック設定。マザーボードASUSのZ97-A。変更を加えた箇所のみ。

 

Ai Tweaker\DIGI+ VRM
 CPU供給電圧 Level8
 CPU VRM Switching Frequency 手動
  Fixed CPU VRM Switching Frequency(KHz) 500
CPU用VRMフェーズ制御方法 Optimized
CPU用VRMフェーズ制御方式 Extreme
CPU Current Capability 140%

   Internal CPU Power Management
   Long Duration Package Power Limit: 4096
   Package Power Time Window: 127
   Short Duration Package Power Limit: 4096
   CPU Integrated VR Current Limit: 1023.875

  Frequency Tuning Mode: +
   Frequency tuning offset: 6 %
   Thermal Feedback: Disabled
   CPU Integrated VR Fault Management: Disabled
   CPU Internal VR efficiency Management: High Performance
   Power Decay Mode: Disabled
   Idle Power-in Response: Regular
   Idle Power-out Response: Fast
   Power Current Slope: Level -4
   Power Current Offset: -100 %
   Power First Ramp Response: 1.50
   Power Saving Level 1 Threshold: 0
   Power Saving Level 2 Threshold: 0
   Power Saving Level 3 Threshold: 0

Extra Over-voltage 無効
CPU Core Voltage Offset Mode
 オフセット調整符号 -
  CPUコア電圧オフセット値 0.020
CPU Cache Voltage Offset Mode
 オフセット調整符号 -
  CPUコア電圧オフセット値 0.020

詳細
 Intel Adaptive Thermal Monitor: Disabled

簡単に言うと、4.6GHzでいかに電圧下げられるかの設定。Prime95が10分通るかどうかでテスト、オフセット-0.020で通りました。4.7GHzを通すにはオフセット大き目の+0.113が必要で、温度もかなり上がってしまう。どうやら4790Kは電圧・温度共に4.6GHzと4.7GHzで大きな隔たりがある模様。業務用で安定第一、長時間稼働なので寿命も縮めたくない、でも速さも欲しい、いわゆる常用OCということで4.6GHzが落としどころに。電圧だけは個体差があってテストを繰り返す必要がありますが、他の設定は4790Kは人気のLGA1150最終モデルの最速CPUだけあって参考になるものが沢山。殆ど苦労することはありませんでした、先人達に感謝。この設定で業務中に半年以上ブルースクリーン等なし、安定しています。CINEBENCH R15は941。

 

i7-4790K(Devil's Canyon 4.00GHz) LGA1150

i7-4790K(Devil's Canyon 4.00GHz) LGA1150

 

 

ASUS エイスース マザーボード ATX Z97-A

ASUS エイスース マザーボード ATX Z97-A